プロフィール

chouchoumaki

Author:chouchoumaki
北九州のとある街でだんなさんと二人で小さなフレンチのお店を経営していましたが、だんなさんの突然の死により閉店を決意。その後実家のある小さな島に帰郷し、今までと全く違う生活の中でまた新たな道を探しながら日々を送っているmakiの日常です。

こちらは私の個人的な別日記です。
随時更新中♪
音楽日記→ねこのきくおと
映画日記→ねこのみるゆめ

もうほとんど更新はしていませんが以前のお店のHPはこちら→Cafe de chou-chou

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/01/16 03:46  金色野原


スポンサーサイト

2009/10/10 05:05  どこまでもゆける




絶望の果てに希望を見つけたろう
同じ望みならここでかなえよう
僕はここにいる 心は消さない

2008/11/26 22:33  Angel




ただひたすら待ち続ける
二度目のチャンスがやって来るのを
万事良しとなるきっかけを
いつだって何かしらある
満足がいかない理由が
そんな感情が募って、本当に辛くなる

なにか気を紛らわせるものが欲しい
あぁ それは素敵な解放
血管からは記憶が染み出てくる
虚ろなものかもしれない
あぁ 重みもないものかもしれない
だけど今夜、私は安らぎを得る

天使の腕に抱かれ
ここから飛び立つ
この暗く冷え切ったホテルの部屋から
君の恐れる明けない夜から
静寂な白昼夢の瓦礫から救い出される

天使の腕に抱かれて
どうかあなたがこの世界に救いが見出せますように

真っ直ぐ歩くのはもう疲れた
振り返ればハゲタカどもと盗人ばかり
日に日に歪んでいく
自分のコンプレックスをごまかすために
嘘を嘘で塗り固める

何も変わらないんだろう
最後には逃げ出せばいい
そんな甘美な狂気に奔るのは本当に楽なこと
でも僕は哀しみに押しつぶされていながらも何とかやっているよ

天使の腕に抱かれ
ここから飛び立つ
この暗く冷え切ったホテルの部屋から
君の恐れる明けない夜から
静寂な白昼夢の瓦礫から救い出される

天使の腕に抱かれている
あなたがここで安らぎを見つける事ができますように

Read More »

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

2008/11/25 02:44  STAY


青信号、セブン・イレブン
タバコを買いに立ち寄る君・・・
でも、君はタバコを吸わないし、吸う気もない
釣り銭を確かめている君の姿は
まるで衝突した車のように派手ばでしい
ひっくり返った車の車輪は空回り・・・
彼に殴られても平然とした表情の君は、
傷つけられることで生きている喜びを感じている、と・・・・
そんなものかね?
赤信号、灰色の朝
地面の穴から這い上がる君・・・
吸血鬼かその犠牲者なのか・・・
状況次第で立場は変わる
よくテレビ・コマーシャルを見ていた君・・・
トーク・ショーに会わせて口パクを得意としていたね

僕を見る時
君の目は遠くを眺め

話しかける時
相手は僕ではない

そして僕が触れても、君は何も感じない

僕がそばにいれば、夜を恐れることはない

ここにいて
そうすればその日は安泰だよ

ここにいて
そうすればその夜は満たされる

遙か彼方、とても近く
電波妨害とラジオ
衛星テレビのおかげで
君はどこにでも飛んで行ける
マイアミ、ニューオリンズ、ロンドン、ベルファスト、そしてベルリン

君が耳を傾けると、僕は呼ぶことが出来ない
君が飛んでしまえば、多分、君は真っ逆さまに落ちて行くだけだろう
君の叫び声は、僕の耳をかすめるだけ

僕がそばにいれば、夜を恐れることはない

ここにいて
そうすればその日は安泰なんだ

ここにいて
君が呼び込んだ悪魔と一緒に・・・

ここにいて
僕が見つけた精霊と一緒に・・・

ここにいてほしい
そうすればその夜は満たされるよ

午前3時
静寂の中、誰もいない

ただ、活気と興奮だけ
天使が地上を駆けめぐる

ただ、活気と興奮だけ
天使が地上に舞い降りる

Read More »

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

2008/11/03 03:35  時代は変わる


先日からアクセスできなくなっていたので
?と思っていたら・・・
ついに倒産していたよ、CISCO RECORDS
検索や視聴もしやすくて
ずっと以前からお世話になっていたのに。。。
まあ、アナログをずっと買い続けてる自分ですら
PCに音源入れてDJするべく
ソフトを物色していた矢先だったので
ひとつの時代の流れとしての
変換期にきたのかなあという気もします。
これだけダウンロードという手法が
主流になれば仕方のない事なのかもしれませんね。
実際、自分のDJの友人達も
ほとんどPCを使ったPLAYに移行してますもん。
私は違法ダウンロードが嫌いなので
音源はアナログかCDで入手していますが
それでもPCDJに移ろうと思った理由は

「レコード持ち歩くのが重いから」

それだけです。
アナログって、見た目通りかなり重いんです。
100枚超えるとローラー付きのバックじゃないと
1人じゃ無理です。
こないだ仕事中ホテルの椅子を8脚くらい積み上げたのを
ローラー付きのキャリーで運びましたが
レコードに比べた時の
あまりの手ごたえの軽さにびびりました。
こんなに重いモノ(=アナログ)だったのか!と。
PCだと100曲入れようが
1000曲入れようがPCの重さのまんまです。
しかも、ストックを充実させておけば
あのレコード持ってくればよかったー!の
後悔がない。
他にも利点をあげればキリがなく・・・
ただ思うのは、DJって
「音をかける」のではなくて
「お客さんを自分の選曲で踊らせて楽しませてなんぼ」
ってものなんだっていう事。

原点に立ち帰ればアナログだろうと
デジタルだろうと本当は関係ないのかもしれません。
結局聴くみんなが惹かれるのは
そのDJの持つセンスなんでしょうね。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| HOME |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。