プロフィール

chouchoumaki

Author:chouchoumaki
北九州のとある街でだんなさんと二人で小さなフレンチのお店を経営していましたが、だんなさんの突然の死により閉店を決意。その後実家のある小さな島に帰郷し、今までと全く違う生活の中でまた新たな道を探しながら日々を送っているmakiの日常です。

こちらは私の個人的な別日記です。
随時更新中♪
音楽日記→ねこのきくおと
映画日記→ねこのみるゆめ

もうほとんど更新はしていませんが以前のお店のHPはこちら→Cafe de chou-chou

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/09/28 03:36  先を見続けるということ


最近ようやく生活パターンも
自分の気持ちも環境の変化に慣れてきて
少しずつですが、自分自身の事を考える時間というものを
取り戻しつつあります。

そんなふうに考えた時に一番感じるのが
「ああ、もう私は一人なんだな」という事。

友達がいないとか、家族がいないとか
そういう事ではなく

お父さん(だんなさん)がいないという事。

私とお父さんがいた時間というのは
もう過去の出来事であって
二度と戻る事はできません。
お父さんと一緒にいた時間を再び刻めないなら
先を見ることが出来ないのなら
それじゃあ、私一人で一体なにが出来るのか?

最近、そんな事ばかりよく考えます。

私にとって
フランス料理の全てがお父さんであって
もう、フランス料理の事を一緒に語ってくれる人はいません。
私からこれを奪ってしまったら
後に残るものは私自身が持っているものしかない。
それは何なのかと言われたら
音楽と自分のセンスと先を見る嗅覚しかない。

私はすごく他の人と同じ事をするのが嫌な人間だから
常に人の一歩前を歩いていたいと思っています。
いい意味で予想を裏切る人間になって
私を好きでいてくれる人達に新しいなにかを提供し続けたいのです。

そんな気持ちの中で、新しい方向性というものが
なんとなくいくつか浮かんできてはいます。
その中の選択肢のひとつがみんなが望んでいる事と
大きくかけ離れていくかもしれないけれど
「私らしく生きていける」
なら、それはそれでいいかもしれない。
それは決して
みんなの元へ二度と戻らないという意味ではないんだけどね。

「こいつのやってること、おもしろいからずっと見ていたい」

そんなふうな存在になれるように
ずっと人より先を見続けていたいだけなのです。

そんなふうに生きれたら

私はきっと一人きりでも笑っていられる気がするんだよね。。

umi.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

2008/09/26 01:26  毎日のお風呂


こちらに戻ってからというもの
私はほとんど家のお風呂に入っていません。
(ほんとに数えるくらいしか入ってない気がするけど)
それじゃあ、毎日どこで入ってるの?というと

ここです↓

furo.jpg

furo2.jpg

furo3.jpg

某リゾートホテルの温泉なんですが(笑)
ついでに写真も拝借w

ここはうちの家族みんなが毎日利用してるので
もううちでお風呂を沸かすという習慣がないんですよ。
1人分だけ沸かすともったいないですもんね。
だから私も必然的に毎日入らないといけなくなったのです。

つか、私は仕事上フリーパスで入れるんですけどねw

仕事が終わった後(夜11時くらい)
2番目の写真の露天の一人用の釜風呂に入って
長崎の夜景を眺めながらしばらく浸かるのが日課です。
話題?の女神大橋がライトアップされたのも綺麗に見えます。
温泉とはいっても、そこは島の温泉ですから
塩水なので舐めるとしょっぱいです。
でもなんとなくツルツルになるので体には良さそうな気が・・・

毎日当たり前のように入ってたけど
先日遊びに来た友人に言わせると、「すんげー贅沢」らしいです(苦笑)
たしかに・・・そうかもしれないなあ。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

2008/09/24 01:27  すごく幸せなこと


あんなにやる気がなかった職場が
友人の一言で吹っ切れて
周りともうまくいきだした訳だけど
そうなった私って、
たぶん色んな意味で「早い」んだろうなと思う事があった。

働いているレストランで
いつもかけているBGMがあるのだけど
毎日同じCDが流れていてとにかく新鮮味がない。
旅行客のお客さんにはわからないけれど
こんなんではスタッフが毎日おんなじ事の繰り返しになって
マンネリで行き詰ってしまう。
結果、お客さんにもよくない影響を与えてしまう。
「あー、これじゃあ、良くないなあ・・・」と思っていた矢先、
ふとしたきっかけで私がBGMを選曲出来る事になった。
本当に、なぜ私に頼んだのか偶然と言えばそうなんだけど
そういうふうに私のところにめぐってくるからおもしろい。

でもやっぱり、音楽が一番の糧である私にとっては
すっごく嬉しい出来事だった。
職場の環境上の制約もあるけれど
自分の好きな選曲ができて
それを聴きながら仕事ができるって、
音楽好きにとってはすごく幸せな事じゃない?

私のお店がなくなって
またこうやって違うレストランだけど
接客して働きながら、たった一ヶ月で
同じ音楽を聴けるようになるとは思いもしなかった。

なにもいい事はしてないけど
自分へのご褒美だと思う事にする(笑)

すぐにじゃなくていいけど
北九州のお客さん達と同じように
ここに来るお客さん達も
空間も景色も音楽も全て含めて
心地よく思ってくれたらいいなぁ。。。

200809211830001.jpg

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

2008/09/19 02:06  一ヶ月ぶりの帰郷?


昨日から連休だったので
一ヶ月ぶりに北九州に帰ってみた。
久しぶりに過ごす夜と街の風景は
なんだかいつもと違って見えた。

・・・なんだろう?

違和感というものでもないけれど
街の灯りがとても小さく見えた。
私は昔から
遠くをいつも見ていたい。と思っていた。
狭い島の中の現実ではなくて
もっと海の向こうの新しいなにか。
私の知らないなにか。

自分の気持ちをそんなふうに飛ばせるから
私はこんな田舎でも
島を出るまでの間
嫌に思った事はあんまりなかった。
今の私はある意味そんな原点に
帰ってきたという訳だけど
原点に帰ってリセットして視点を変えてみると
この街が、なぜ「もうだめだ」と言われてるのか
痛いほどわかる気がした。
そして、なぜ私とお父さん(だんなさん)の店が
この街らしからぬと言われていたのかが
すごくわかる気がした。

そう確信できた自分の考えは
間違ってるか間違ってないのかわからないけれど
いつかこの街に戻ってきた時に
私は絶対、この街のオーラになんか呑まれたくない。
いつも違う世界を見ていたい。

そうじゃないと他のみんなのように
私が私でなくなってしまうもの。

やっぱり、そんなのだけは嫌だ。
自分のモチベーションを棚に上げて
街のせいにするのだけは絶対に、嫌だ。。

200809181835000.jpg

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

2008/09/11 23:55  新しい仕事


お店を閉店して島に帰った私は今、
島にあるリゾートホテルで働いています。
レストラン・・・というより、
「お運びさん」って言葉がぴったりくる感じかな。
制服がそんなイメージだしね。
正直、働き始めた頃は
「こんな場所でなにやってんだろ、私」
って気持ちの方が強かった。
「これが、お客さんや友達や北九州から離れて
今私がやらなきゃいけない事なのか?」って。
でも生きていくためには
こんな小さな島では選択権もないし
まず第一に稼がないといけない。
不満を愚痴る事はできなかったのです、
居候の身分としては。。。
だから、最初の頃は新しい職場の人とも
必要以外の会話をせずに淡々と仕事をこなしてた。
イメージとしては高倉健。
不器用ですから(笑)

でも、先日49日で北九州に帰った時
3週間ぶりにあった友達に仕事の話をした時に
言われた言葉で目が覚めた。

「思い切って地を出した方がいいよ。
同じ仕事をするならいついなくなってもいい人じゃなくて
必要とされる人になった方が楽だよ」

そうだね、地を隠すのに必死で
私らしさっていうのを忘れてた。
そうじゃないといつまでたっても毎日が楽しくないよね。
それに、このままだと
私を好きでいてくれたお客さんや
信じて待っていてくれてる友達を
makiさんって、こんな人だったのか。って
失望させる事になる。そして
こんなのは私じゃない。

それからこっちでの毎日が楽になって
仕事に行くのが苦痛ではなくなった。
もちろん、同じ飲食業とはいえ
大きな会社と小さな個人の店では天と地程の
やりかたの違いがあるから
不満だらけだけどね。
でも、考え方がふっきれた後
同僚の若い子達が
私と会話する度に笑うようにはなってきた。
ま、その笑いってのも
珍獣を見て笑う?ってな感じだけどねw
ムスっとされるよりはまあ、マシさwww

ここは表のサービスがよくないって
よく言われるらしいので
私の接客のやり方がどこまで通用するか
わからないけれど
いい流れに変えていける人になれたらいいなと思う。
サービスする側のマナーや言葉遣いも
一流を目指すのは大切だけど
どんなに不器用でも気持ちで接客して
お客さんが笑ってくれて
「ここに来て本当に良かった」って
言ってくれたら
それが本当の接客って思っていいんじゃないのかな。
それは昔から私が理想としてる接客だけど
これからも目標としていくと思う。

こんな考え方ってどこまで通用するのか
わからないけれど
一人でも共感してくれる同僚が出来ればいいなあ。。。

2008/09/06 02:29  島に帰ってきて驚いたこと


島に帰る時に、生活する上で
私の中で何が一番心配だったかと言うと
実は、通販で購入していたアナログ等の音源が
宅急便の離島扱いになって
いつも利用していたサイトから配送を
断られるんじゃないのかな?ってことでした。
私が島を出た頃はかれこれ20年以上も前の話ですから
その頃は郵便局以外の宅急便の荷物は
すっごい余計な手数料がかかってたんですよ。
しかも宅急便の会社やモノによっては配送を断られる始末。
しかしまあ、最近はリゾート地として確立されてきたせいか
大手の宅急便はほぼカバーしてて代引きもOKでした。
離島手数料も無し!
時代は変わるものです・・・

時代が変わったと言えばネット環境も大きく変わっていて
ここ何年か前までマジで
ダイアルアップしか対応していなかった回線も
ADSL対応にまでグレードアップしておりました。
まあ、ネットさえ引けて
アナログを買い続けていられさえすれば
世界の果てにいても無問題な私ですから
今のところ島の中の生活では
あんまし不自由に感じる事はありません。
しいて言えばマックが急に食べたくなった時に
気軽に買いに行けない事ぐらいかな(笑)

shima.jpg




テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

2008/09/05 12:58  引越し


実家の島に帰ってきたのを機に
今までのchouchoulogを一新してみました。

ここ2ヵ月、本当に色んな事があったけれど
とりあえず私は元気に暮らしています。

今までの事を振り返って自分の人生を客観的に見ると
友達が言うようにけっこう波乱万丈かもしれないな(笑)

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| HOME |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。