プロフィール

chouchoumaki

Author:chouchoumaki
北九州のとある街でだんなさんと二人で小さなフレンチのお店を経営していましたが、だんなさんの突然の死により閉店を決意。その後実家のある小さな島に帰郷し、今までと全く違う生活の中でまた新たな道を探しながら日々を送っているmakiの日常です。

こちらは私の個人的な別日記です。
随時更新中♪
音楽日記→ねこのきくおと
映画日記→ねこのみるゆめ

もうほとんど更新はしていませんが以前のお店のHPはこちら→Cafe de chou-chou

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/28 04:40  もう振り返らない


先日、私のいた店の後に入る人が決まったようだと
人づてに聞きました。
次に入る人は私を知っている人らしく
きちんと挨拶をしたい模様。
でも、すぐに会える距離ではないしね。
もう完全に手放したんだから私に義理立てする事はないよ。
撤去作業を終えた時点で
店に対する気持ちの整理をつけていたから
その知らせを聞いた時も
全くと言っていいほど驚きがなかった。
むしろ、早く次の人に入って欲しいと願う
自分がいた。

お客さんや友達の中には

そこはmakiさんの場所だったのに。

と思う人もいるかもしれない。
でも、お父さんの存在がなくなった時から
私にとって
そこは一人でいてもなんの意味もない場所に
なってしまった。
そこにいると、自分が次に進めない。
お父さんが好きだった、

人より先へ先へと進むワタシ

うまく言えないけれど、
潔く店に決別できたのは
自分が自分であり続けるために
必要な事だったんだろうと思う。
だって今、以前の店に違う人がいて
違う料理を出す店になったとしても
少しもくやしいとか場所を盗られたとか思わないもの。
そこには私の思い出があるだけで
未来があるわけではないから。
それは、荷物が全てなくなって
からっぽになった店を見た時から
自分の店が自分の店でなくなるという事がどういう意味か
しばらく物事がまともに考えられないほど
打ちのめされたからだと思う。

なら、私は違う場所を探す。
なにが待っているかわからないけれど
自分がたどり着く果てを見てみたい。

私のいた店に違う人がいて
違う名前になって、それを見て哀しく思う人がいたら
それは違うって、思って欲しい。

私はちゃんと、先を歩いているから安心してて。
そして、
どんな場所にいても私は私で居続けるから。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

2008/10/22 02:14  奴らがやってくる


最近、先日の日記でも書いたように
修学旅行の団体さんの宿泊が多いんですが
とにかくもうみんなに共通するのは

よく食べる

って事。
こりゃあ子供に食費がかかるってのは本当だよねー
って、子供がいない私ですら納得できます。
特に男の子のいる家庭は大変そう・・・
世のお母様方、ご苦労様です。
とにかく彼らの食いっぷりは半端ない。
小学生から高校生まで色んな地方からやってきますが
毎回、接客してて本当におもしろいです。
てか、楽しい。
今日はついに子供らに

先生!

と呼ばれてしまいましたw
うっかり呼んでしまったんだろうけど
同僚からも
「いや、確かに先生みたいですww」
と言われてしまった。。。orz

こんな私の今月の目標は
めざせ!修学旅行マイスターです(笑)

P1000004.jpg

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

2008/10/15 01:07  Always


滅多にテレビなんか見ないのに
たまたま深夜の衛星放送にチャンネルを合わせたら
始まろうとしていたのが、スピルバーグ監督の

Always

あー、これまだ観た事なくて
主人公の男の人が死んじゃって
女の人にメッセージを伝えるために
ゴーストになって戻ってくる話だ。
と思い出して、たぶんこれは
私に「観ろ」という何かの暗示だろうと思い
そのまま鑑賞しました。

・・・

ラストの主人公のメッセージで涙が止まりませんでした。
お父さんが死んだ瞬間よりもっと泣いたかもしれない。
この映画をたまたま観たのは
偶然と言う言葉ではどうしても片付けられない私がいました。
このメッセージが
お父さんの言いたい事と近いのか同じなのか
私には知る術はないけれど
きっと彼なら同じ事を言うだろうと思えました。
だから、観終わった後
泣けて泣けて仕方なかった。

この映画はスピルバーグ作品の中でも
あまり高評価ではありませんが
きっと私もお父さんと死別する前に観ていたら
観る目が違っていたと思います。
本当に、やられた!って思いました。
スピルバーグ、やっぱりあなたは凄いよ。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

2008/10/08 00:48  シーズン突入


明日から(てか今から何時間後?)いよいよ
本格的に修学旅行に合わせた私のシフトが始まります。
3連チャンで朝6時から仕事です。。。orz
終わる時間は・・・やっぱり聞かないで下さい(泣)
最近はめっきり夜明けが遅くなってきたので
まだ暗いうちに家を出ています。
こんな早朝から行動するのはお店をしていた頃
市場に買い出しに出かけて以来ですね。
私は基本夜型ですがたまに味わう早朝は
漠然とですが、自然というものに人は決して抗えない。という事を
再確認できてやっぱいいなと思います。
夕日もいいですが朝日も清清しくて綺麗ですよ。

ちなみに写真は修学旅行の団体さんが泊まるホテルの
食事会場から見た景色です。
ここが交通船が発着するターミナル(船着場)です。
一面大きなガラス張りなので海の眺めは圧巻で
かなり遠くまで見渡せます。
夏場等の繁盛期は一般のお客さんもこの会場で食事をするのですが
私は本館のレストランからの海の眺めよりも
こちらの景色の方が好きです。
中にはわざわざこちらにある部屋を指定してくるお客さんもいるらしいので
やっぱり密かに人気があるみたいです(笑)

001

2008/10/07 02:25  海の向こうにある世界


18になって高校卒業を機に島を出るまで
ずっとここで暮らしていましたが
小さな頃から私は
とにかくここが田舎だと思った事がほとんどなくて
「情報に溢れた都会に憧れる」
という感覚がまったくありませんでした。
たぶん、物心ついた時から音楽という
無形のモノが大好きだった。
というのが大きな理由のような気がします。
他の同級生がファッションに気を使って
島から街に出て洋服等=形あるモノを手に入れようとしてる時に
必死にFMラジオをエアチェック(懐かしい言葉だw)して
好きな洋楽アーティストの新譜を追いかけて
良い音をテープに録音しようと必死でした。
ちなみにAMは嫌いでした。
音がクリアじゃないし、ステレオじゃないから(笑)
当然、アナログも気に入ったモノは購入してはいましたが
店頭に並ぶアナログよりも
ラジオの情報の方が早いから
そっちから音を集めて知識として蓄積していくのが好きでした。
結局、それって、島から出る必要もなく
欲しい情報や知識を手に入れてたって訳で
いつしか
「なんだ、都会に出なくても自分の嗅覚を信じていれば
海に囲まれた島にいても最先端を知る事が出来るじゃん」
と考えるようになりました。
だからかもしれないけど
私は灯台から見える、海の地平線の景色が大好きで
ずっと見ていると
海の果てがどこかの世界とつながっていて
(実際つながってる)
ここは日本だ・・・
というボーダーラインがなくなる感覚がしてくるのです。
そういうふうな感覚になると
すごく世界が近く感じるんですよ。。。
うまく言葉に表現出来ていないかもしれませんが
自分の価値観次第で物理的な距離は無に等しくなるんですよね。
だから私はここが田舎だなんて全然思わない。
どこにいても世界を知ろうと思ったら様々な方法で知る事はできるから。
結局、それを可能か不可能かにするのは自分次第だって事。

ちなみに。。。
何十年かぶりに帰って来て
自分の中の時代が変わったなあと感じる事といえば
情報収集のためのアイテムが
FMラジオからインターネットに変わったという事でしょうか(笑)

yuuhi.jpg

2008/10/02 22:56  秋といえば・・・


最近、職場で「もうそんな季節か・・・」
とよく感じる事と言えば

修学旅行の団体さんの宿泊が多くなってきた

という事

うちの弟も長崎の某ホテルにお勤めなので
「今日の朝食は修旅のお客さんやった」
なんて会話をさっきもしてたんですが
近頃の修学旅行って、けっこういいトコに泊まるのですね。。
自分の時代とのギャップを感じてちとびっくり(苦笑)

でもってうちのホテルの場合、修学旅行対応の朝食は
必然的に一般のお客さんと別会場になりますので
早朝からの人手が足りなくなります。
当然、白羽の矢が立つのは地元組な訳で。。。(汗
私の今月のシフトはすんごい事になってますw
朝6時から働いてますww
終わる時間は・・・聞かないで下さい(涙

でも、以外と接客してて楽しいんですよ、修学旅行って。
先生が言いなさいって言ってるから
義務的に言ってくれてるのかもしれないけど
ちゃんと配膳をしてる私達にまで

「いただきます」
「おいしい食事を作ってくれてありがとうございました。
おごちそうさまでした」

ってみんなで言われると
少年犯罪が深刻化してると世間では言われながら
まだまだこんなに素朴でいいコ達がいるじゃん!
と、じ~んとしてしまいます。
時期的にはまだまだ修旅は始まったばかりなので
これからどんなコ達がくるのかすっごい楽しみです。

余談ですが、朝食の時に
怖そうな生活指導?の先生にみんなが注意されてたのが
なぜか懐かしく感じて思わずニヤけてしまいましたw
注意内容でいくつか「へぇ~」と思った事もあったんですが
やっぱし、携帯電話は持ってきちゃいけないんですね。
同僚の子に「携帯持ってきてて怒られてた~w」と話をしたら

「つか、携帯持ってきて誰にメールするンスかね?
だってメールする相手って、友達=同級生でしょ?
旅行する間ずっと一緒じゃないですかww」

とのお答え。
言われてみれば確かにそうだ。
そしたら携帯なんて必要ないよね。

toudai.jpg

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| HOME |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。