プロフィール

chouchoumaki

Author:chouchoumaki
北九州のとある街でだんなさんと二人で小さなフレンチのお店を経営していましたが、だんなさんの突然の死により閉店を決意。その後実家のある小さな島に帰郷し、今までと全く違う生活の中でまた新たな道を探しながら日々を送っているmakiの日常です。

こちらは私の個人的な別日記です。
随時更新中♪
音楽日記→ねこのきくおと
映画日記→ねこのみるゆめ

もうほとんど更新はしていませんが以前のお店のHPはこちら→Cafe de chou-chou

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/27 04:37  温度差


私と親しい友人とかは知ってるんですが
実は私の弟は亡くなった私のだんなさんと同じところで修行していました。
私のだんなさんが兄弟子ってやつですね。
義理の兄貴<先輩ってのが強くて
生前、二人で話してるのを見ると
もろ縦社会の体育会系でなんか妙だなあ。。と思ったりもしたものです。
そんな弟も先に長崎に帰郷し、某ホテルで働いていたのですが
色々と訳あって、なぜか今私と同じホテルで働いています(!)
正確にいうと私が先輩ですがねw

ちなみに私の弟の腕は、贔屓目でもなんでもなく
だんなさんが認めていたくらいなのである程度の腕は持っています。
けれど、今のこのホテルではその腕は発揮できる場もなく
それと同等の腕を持つ料理人も悲しいかないません。
「こいつら・・・料理人て名乗るんじゃねーよ(怒)」って
むかつくことの方が多いです、はっきり言って。。
でも、そんな中にも向上心があるコはいる訳で、
今日はそのコのために氷の彫刻を教えていました。
もちろん、仕事が終わってからの時間で氷代も彼らの自腹です。
そのコ自身のスキルアップのために、技術が早く身に付くといいなあ。。と
そんな目で見ていたのですが、とある料飲のスタッフにこう言われました。

「それを習得する事はこのホテルで必要な事なわけ?
それをできるようになるとなんかあるわけ?」

・・・。

はっきり言って、言葉に詰まりました。
「は??」って思いました。

とりあえず、その方は私の上司でしたから
「できないよりもできた方が有利だし、コンクールにもでれますし。。。」
と無難に返しましたが、
「怪我せんかったらいいけどね」
と最後に言った彼の後ろに

「そんな技術覚えてもこのホテルで働く以上必要ないのに
無駄な練習してる間に怪我でもしたらどうすんだよ、こいつら」

みたいな見えない言葉が垣間見えて
氷をやっている弟たちとのものすごい落差というか温度差を感じて
これが今のこのホテルの現状なのかもしれないなと
ものすごく寒くなった自分がいました。

自分自身のために向上心もなく勉強もしない、
そんな職人やサービスがいる店にお客さんは来たくなるんだろうか。
私だったら絶対嫌だよ。
私たちのような職業は、勉強したことがすべて
自分自身、そして最終的にお客さんへと集約されていく。
専門分野の知識では、絶対にお客さんに負けてはいけない。
私もお父さんも同じように、そう思ってきました。
正しいのかはわからないけれど決して間違ってはいないと思う。
だから弟にも、もっといい後輩を育てていってほしいと思う。

ここ(この職場)にいると
どうにも理解できない事や頭にクル事が多いのですが
そのたびに問いかけています。
「お父さんはどう思う?」って。
それがブレーキになって昔より簡単にキレる事はなくなりましたが
「でも絶対お父さんもむかつくよね!!」
って、内心二人分はらかいてる事が多いかな(笑)

でも今日私が見て言われて思ったことは
お父さんも「間違ってないよ」と言ってくれるはず。
きっと「そんなんは相手にせんでわかるやつだけと話しして先に行け」
って言うだろうね。。。

20090527000456.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

2009/05/14 16:41  やつらの季節


忙しかった連休も終わり、過酷な夏までに少し休めると思っていたら
やつらが一気におしよせてやってきました・・・
そう、修学旅行の子供たち。。。orz

秋に経験していたとはいえ、春がやっぱしメインの修学旅行のシーズンなんですね。
なんでも屋さんの私は朝から朝食当番で出勤しています。
色んな地方からやってくる学校を見ていると本当にさまざまです。
「いただきます」をちゃんとみんなで言う学校、
食べた後の食器をきちんと重ねて片付ける学校、片付けない学校、
・・・etc
こういうのも、親のしつけというよりは
学校の方針なんだろうなあ。。と見ていて思います。
食事の準備をして補充をして片づけをするために私たちがいる訳だけれども
下げやすいようにしてくれて、
「ありがとうございます」と言われればやっぱこっちも感謝しますもん。
まだまだ世の中の子供たちは世間で言うほどスレてません!

逆に先生たちに「???」なことが多いかな。
え!?って感じなんだけど、
子供たちと一緒にご飯を食べない先生たちが意外に多いんです。
先生たちだけ別部屋で別食でちょっといいもん食べてて、
黄色い泡の出る液体飲んでるとかw
けっこう子供らも敏感で、
「先生たちだけ違うの食べてるんでしょ?」
って聞かれて困ってしまった事もあります(汗
まあ、聞かれたその後は先生もいないから
私ら従業員と子供らで楽しく会話してますけどww
子供たちにとっては一生に一度の旅行なんだから
一緒に座って同じもの食べてあげなよー!!って思うけど
旅行代理店の接待も兼ねた思惑とか、
色んなわかんない大人の事情があるんでしょうね、きっと。。。
でもね、そんな中でもやっぱ、生徒と一緒にご飯食べてる学校は
なんか伝わってくる雰囲気が違います。
仲いーんだろうなあって思えますもん。
自分には子供がいないからわかんないけれど、
もし自分の子供を預けるなら絶対、後者の学校の方がいいな。

20090304152747f.jpg

| HOME |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。