プロフィール

chouchoumaki

Author:chouchoumaki
北九州のとある街でだんなさんと二人で小さなフレンチのお店を経営していましたが、だんなさんの突然の死により閉店を決意。その後実家のある小さな島に帰郷し、今までと全く違う生活の中でまた新たな道を探しながら日々を送っているmakiの日常です。

こちらは私の個人的な別日記です。
随時更新中♪
音楽日記→ねこのきくおと
映画日記→ねこのみるゆめ

もうほとんど更新はしていませんが以前のお店のHPはこちら→Cafe de chou-chou

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/15 01:07  Always


滅多にテレビなんか見ないのに
たまたま深夜の衛星放送にチャンネルを合わせたら
始まろうとしていたのが、スピルバーグ監督の

Always

あー、これまだ観た事なくて
主人公の男の人が死んじゃって
女の人にメッセージを伝えるために
ゴーストになって戻ってくる話だ。
と思い出して、たぶんこれは
私に「観ろ」という何かの暗示だろうと思い
そのまま鑑賞しました。

・・・

ラストの主人公のメッセージで涙が止まりませんでした。
お父さんが死んだ瞬間よりもっと泣いたかもしれない。
この映画をたまたま観たのは
偶然と言う言葉ではどうしても片付けられない私がいました。
このメッセージが
お父さんの言いたい事と近いのか同じなのか
私には知る術はないけれど
きっと彼なら同じ事を言うだろうと思えました。
だから、観終わった後
泣けて泣けて仕方なかった。

この映画はスピルバーグ作品の中でも
あまり高評価ではありませんが
きっと私もお父さんと死別する前に観ていたら
観る目が違っていたと思います。
本当に、やられた!って思いました。
スピルバーグ、やっぱりあなたは凄いよ。

スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

<< 奴らがやってくる | HOME | シーズン突入 >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。