プロフィール

chouchoumaki

Author:chouchoumaki
北九州のとある街でだんなさんと二人で小さなフレンチのお店を経営していましたが、だんなさんの突然の死により閉店を決意。その後実家のある小さな島に帰郷し、今までと全く違う生活の中でまた新たな道を探しながら日々を送っているmakiの日常です。

こちらは私の個人的な別日記です。
随時更新中♪
音楽日記→ねこのきくおと
映画日記→ねこのみるゆめ

もうほとんど更新はしていませんが以前のお店のHPはこちら→Cafe de chou-chou

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/11/29 04:48  天使の梯子


ここ最近の日記を見た友人から
「なにか心境の変化があった?」
と聞かれました。
鋭いなあ・・・と苦笑いしつつ
「心に響く出来事はあったよ」と返事。

別に意味もなく書いていたのではなく
キーワードは「天使」

先日、仕事中に突然
同僚で一番仲良くなった子から
「makiちゃん、天使が舞い降りたよ」
と言われました。
「?」と思いつつ彼女の指差す方を見ると
職場のレストランから見える海と広がる空の雲の隙間から
綺麗な光が差している事がわかりました。
私が見たときには消えていたけれど
彼女が教えたかった事は
「天使の梯子」がかかっていた、という事。
正直、驚きました。
雲の切れ目から差し込む
一筋の光のような太陽の日差しの事を
まるで天に導くように天使が降りてくる道のように見える現象を
天使の梯子と呼ぶ事を
普通に知っている人が身近にいるとは思わなかったから。。

その光景はお父さんと私がとても好きだった風景でもあります。

よく仕入れで出かけたときに
遠くの空にそれが見えると
「天使の梯子だね」と眺めていました。
天使なんて見えるはずもないけれど
本当に神様はいるような気がして
天国があるような気がして
「綺麗だよねえ」っていつも空を見ていました。

そんな、お父さんと私の価値観と同じように
同じ風景を見て「綺麗だね」って、言ってくれる。

なんだかうまく言えないかもしれないけれど
そんなふうに感じた時
私は初めて、この職場に来てよかったと思った。
「綺麗よね」って無邪気に笑う彼女を見て
この子に会えて本当によかったと思った。

お父さんがいなくなって
神様なんていないと思っていたれど
天使はいるのかもしれないなあ。って
少しだけ思えた。

本当に、ささいな出来事だったけれど
私にはすごく心に響く出来事だった。
それから、少しずつだけど
以前のように穏やかに笑えるようになった気がする。
お父さんの事も
こんな事もあったんだよって笑って話せるようになった。

私が話すと、笑って聞いてくれる人がいる。
そして、こんな私のために朝までそばにいてくれる人がいる。

そんな人が新しい場所に来てもすぐに現れるなんて、
これ以上の贅沢は
本当はないのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

<< 気がつくと | HOME | Angel >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。