プロフィール

chouchoumaki

Author:chouchoumaki
北九州のとある街でだんなさんと二人で小さなフレンチのお店を経営していましたが、だんなさんの突然の死により閉店を決意。その後実家のある小さな島に帰郷し、今までと全く違う生活の中でまた新たな道を探しながら日々を送っているmakiの日常です。

こちらは私の個人的な別日記です。
随時更新中♪
音楽日記→ねこのきくおと
映画日記→ねこのみるゆめ

もうほとんど更新はしていませんが以前のお店のHPはこちら→Cafe de chou-chou

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/04/20 23:43  私の絵


私がお店を閉めた時に
店内で使っていた家具などの荷物はすべて
福岡の友人の家に置かせてもらっているのですが
何ヶ月か前の休みの時に手荷物で運べる分だけ
少しだけ島に持ち帰ってきました。
以前のお店が最後に閉めた場所へと移転オープンした際に
記念で購入したマイケル・ルーの絵も持ち帰ってきたのですが
それは私の部屋に飾るためではなく、
とある場所に飾るために運んできました。

そこはターミナルに隣接したホテル直営のカフェで
私の同級生が働いている店でもあります。
その入り口の入ってすぐ正面のディスプレイ棚に飾っています。
買った時はまさかこんな場所に飾る事になるなんて
思いもしなかったけれど、違和感なく落ち着いている絵を見て
うまく言葉では表現できないけれど
すごく不思議な感じがして、それと同時に
なんとなく安心している自分がいます。

お店が違えども目にするお客さんたちが
少しでも「かわいい」って癒されるのなら
それでいいのかもしれない。

neko.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

<< やつらの季節 | HOME | リニューアルオ^プン >>



COMMENT


makiちゃん
連休も仕事で忙しいのかな?
そのカフェのお客さんももちろんだけれど、
makiちゃん自身が、その場所でその絵を
みて和めるのなら、絵にとっても皆にとっても
幸せなこと、だね。

やっと連休が終わって一息ついているところです・・
と思いきや、修学旅行のシーズン到来で早朝シフトが増えてあんましゆっくりできてません(笑)

絵はね、違和感なくその空間に収まってます。猫の絵から見る視線の先にはターミナルに出入りする船が見えて、海が広がっています。いつか、海が見える場所にお店を移転したいってお父さんと話してたから、お父さんも「いいんじゃない」って思ってくれてると思う。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。