プロフィール

chouchoumaki

Author:chouchoumaki
北九州のとある街でだんなさんと二人で小さなフレンチのお店を経営していましたが、だんなさんの突然の死により閉店を決意。その後実家のある小さな島に帰郷し、今までと全く違う生活の中でまた新たな道を探しながら日々を送っているmakiの日常です。

こちらは私の個人的な別日記です。
随時更新中♪
音楽日記→ねこのきくおと
映画日記→ねこのみるゆめ

もうほとんど更新はしていませんが以前のお店のHPはこちら→Cafe de chou-chou

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/29 16:42  前のお店のこと


先日、黒崎の友人から電話がかかってきたのですが
その話の中で、私のお店の後に入っていたワインバーがもう閉店し
また新しいお店が入っていることを聞きました。
ワインバーは一年持たなかった訳だけど
あの街はやっぱりどんどん不景気になってきてるんだなあ。。と再確認。
そして新しいお店はどんな感じかと言うと
若いご夫婦でやっていて
旦那さんがシェフで奥さんが表のサービスをしているらしく。。
どっかで見かけた光景だね、と笑ってしまいました。
表のディスプレイも花やグリーンを置いてるそうで
友達的には「もう絶対makiさんの時のお店のイメージでやってますよ!」
と、ちょっとムッとしつつ、でも当時を思い出して
切なく恋しくなるらしい(笑)

でもまあ、私的には正直真似されても全くかまわない。
人のセンスなんて真似されるうちが花ですもん。
真似されて使われたならまた新しいなにかを探せばいいし
さらに自分を磨けばいいだけのこと。
ただ、絶対に真似できないものがある。
それは味。
オープンしてしばらくは、あの時のお店の雰囲気を求めて
同じお客さん達が懐かしがって来るかもしれない。
そしてその時に必ず味を比較されると思うのだ。
どちらがおいしいかなんて本当はわからない。
でもそれを自分の腕で乗り越えていかなければ
彼らがあの街で生き残る事はできないんだよね。

あの当時
私はいつも先をいきたい見ていたいと思っていたし
お父さんの味はお父さんだけのものだった。
そしてその味を絶対に信じてる私がいた。

新しいお店のご夫婦にはがんばってほしいと思う。
商売をするには中々難しい街だけれど
できればあのお店を長く使い続けてほしい、とうのが私の本当の気持ちです。

20090913201109.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

<< 二度目の冬 | HOME | 伊勢海老 >>



COMMENT


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。